セレノ東3条AB(水落方法)

作業に自信が無い方はご連絡下さい。弊社で作業致します。

(※弊社で作業する場合は不在時に入室して作業する場合がありますのでご了承ください。)

事前に用意するもの

  • バケツ、雑巾、洗面ボウルなど

1.元栓での給水停止

元栓はトイレ又は洗面所などにあります。

  • レバー式の場合はしっかり下げる。(レバーが下に向きます。中間ではありません)
  • ダイヤル式の場合は「しめる」(現在の逆)にしっかり回す。
  • ボタン式の場合は「排水」「止水」「水抜」などと書かれているボタンを押す。

※作業後、蛇口から水が出ないことを確認して下さい。

2.蛇口・トイレ等の水を抜く

  • 水もお湯も出なくなるまで水を出し続けます。
  • お風呂はシャワー方向も出なくなるまで水を出し続けます
  • キッチンの蛇口の脇にあるネジを回します(蛇口内の水が出る)
  • お風呂の蛇口は3箇所ネジを回します。(部屋によっては2ヶ所)
  • 洗濯機の蛇口のネジも忘れずに(水が出てくるので洗面器などで水を受けるといいです)
  • トイレは流れなくなるまで流します。
  • 洗面所も同じく流し続けます。

 

3.水道管の水を抜く

  • バケツを用意して給湯器の下にある水抜きバルブを開き、水道管の水を抜く。
  • バケツを用意してトイレにある水抜きバルブを開き、水道管の水を抜く。

4.トイレ及び排水口に不凍液を入れる

  • トイレのタンク及び便器内に不凍液(ウォッシャー液)を入れる。
  • 各500mlくらいが目安です。
  • タンクのフタは重いので注意して下さい。
  • ついでに、キッチン、洗面器、風呂の排水口にもコップ一杯分くらい注いでおいて下さい。

5.蛇口、蛇口のネジ、水道管の水抜きバルブを元に戻す。

  • ネジ類を元に戻して終わりです。
  • (注意)元栓は「水抜き」「排水」のままです。

6.注意点

ブレーカーは落とさないで下さい。

給湯器の凍結防止機能が停止してしまいます。

(参考)水を出す時は

元栓を給水方向にすれば水が出ます。

はじめに空気が出てくるので水濡れに注意して下さい。

お問い合せ

株式会社ひのき

名寄市西3条南10-27-1

TEL:01654-2-5185

fudosan@hinoki.tv

会社所在地